意味はあるのか

カメラの中

2年生

春もあっという間にすぎて夏になったと思えば夏も終わる。

 

私は無事に2年生になることが出来た。仲のいい友人は下のクラスに行ってしまった。去年のクラスの上位だけが今のクラスなのでとてつもなく快適である、と言いたいが別クラスから合流してきた子があまりに先生を馬鹿にしすぎているのでハラハラする。まあクラス全員が好き!なんてことはある方が稀だと思う。

 

2年生になって人間関係の悩みが増えた。去年仲良かった子(成績が良い)との会話が辛い。2年生になってからいつも二言目には、

私って変わってるやん? 私は愛が重いファンなので~

聞いていて辛い。不思議なことに1度なんだこの子は…って思い始めると嫌な面ばかりが目に付く。授業中いつも寝る、寝るだけならまだしもいびきも酷い。これだけなら笑えるが毎回毎回、寝る私は悪くない、あの先生の授業が悪い、あの先生とは相性が合わない…などそれを私たちに言ってどうするの?と思うことばかりである。課題の提出忘れなんか自己責任だし毎日日直の人が提出の課題を確認もしてくれる、メモを取らないのは自分が悪いのであって知らせなかった私たちではない。最初の方はLINEなんかで明日提出あるよ~って教えたりもした。なんだかなあと思ってばかりだ。腹が立つのもその子の方が頭がいいからではないのか?と自分でも思う、どうすればいいのだ。

この子に限らず今まで仲良くしていたグループの半数以上との会話が辛くなってグループを抜けた。残りの半分は私がいたからいたようなものなので分裂した、の方が正しいかもしれない。

休憩時間に勉強していたらそんなに勉強して何になるん笑笑みたいな感じで取り囲まれることが嫌でたまらなかった。私より勉強ができる訳でもないのに、と思ってしまう自分も嫌だ。

 

 

テスト

なんとなくまた文章でも書いてみようか、と思いアプリをインストールした。

 

四月の頃の自分の文章を読んで少し笑ってしまった。課題テストは確かにどの教科も下から数えた方が早かった、しかし一学期初のテストから私は10位以内に入ることが出来ている、我ながら頑張っているのではないか。一軍グループだけは見ていて不安になるほど赤点赤点そして赤点 といった感じだ。こんなことはあまり言いたくないが妥当な点数だろうと私は思う。

 

 

二学期の冬は将来に向けてのコース選択がある時期なのだが、提出物は出さない、授業は寝るか喋るか、いきなり席を立つ、一軍グループによるこういった行動が重なり一向に授業が進まない。先生に相談した結果、さまざまな先生が授業中廊下を見回っているが、授業妨害では?と思ってしまう行動は止まらない。

有難い事と言うべきなのか面倒なことを押し付けられたと言うべきなのかはさっぱり私にはわからないが、私はクラスの副委員長を務めている。ちなみに委員長はクラス1の優等生なので選ばれたことは名誉なことだと思っておきたい。

これがまた責任を押し付けられる立場でたいへん困るのだ。朝のホームルームの時間までは勉強または読書の時間なのだが一軍グループはそれを行わない。もちろん私だって少ない自由の時間(小テストがあるので完全に自由であることは滅多にないが)くらい友人達と話したいと思っているので気持ちは理解できる。しかしここで大騒ぎしていると委員長、副委員長の責任となり休憩時間先生からお叱りを受けることとなる。校長先生が廊下をお歩きになっている事もあるので常に朝の時間は気が気でない。ほかのクラスの先生からもしっかりしなさいと言われることが多くどうすればいいのだ と思ってばかりだ。

「座って勉強をしてください」 どうしてこの言葉を何度も私は言わねばならないのだろうか。クラスにいるのはみんな同じ高校一年生だと信じたい、私のクラスには高校一年生だと思える人が7割しかいない。

 

 

来週からは期末試験だ。寒さにも騒音にも負けず納得のいく点数を取ろう。

慣れない

4月、新学期。

高校1年生の私は寝るのが早い。

7時間の授業や自転車通学、慣れないことばかりで、家に帰ってご飯を食べてお風呂に入るだけで精一杯だ。

朝は5時半に起きる、課題を終わらせるため。

新入生テストは下から数えたほうが早かった、毎日のテストで一度だけ0点を取ってしまった。

志望校のランクをひとつ落とせば良かったのだろうか、ついていけるのかが大変不安である。

 

クラスの子とはそこそこ仲良くできている気がする、1軍グループの子とそこそこ仲良くしているため1軍グループのメンバー宛の伝言はいつも私が頼まれる、面倒だ。

上位コースの子たちが私のクラスを馬鹿にしているところに遭遇してしまいなんとも言えない気持ちになった、貴方達より下のコースなのに楽しんでごめんね。

 

明日明後日は短縮授業だ、勉強するしかない。

 

久しぶりにこんな時間まで起きていた、ミドリカワ書房フリッパーズギター どっちを聴くか迷う、寝よう。